全国対応

水道水から水素水を作る、新発想のウォーターサーバー AquaBank(アクアバンク)

ウォーターサーバーの種類別「こんな人におすすめ」まとめ

ウォーターサーバーが多くの家庭で利用されるようになった今、自分の家にもウォーターサーバーの導入を検討している家庭も増えてきています。

 

しかし、実際にウォーターサーバーを自分の家に置いてもメリットがあるのかということが浮かび、検討したまま月日が流れてしまうということもあるのではないでしょうか。

 

そこでウォーターサーバーはどのような人におすすめなのか、ウォーターサーバーの種類と、種類別の特徴に合わせておすすめの人を紹介していきます。

 

1.ウォーターサーバーはこんな人におすすめ!

 

最初にウォーターサーバーはどのような人におすすめなのか、ウォーターサーバーを使うことでどのようなメリットがあるのか紹介していきます。

 

ウォーターサーバーが自分にとって良いのかわからないけれど、利用し始めたという人の中にはやはり必要性を感じずに利用をやめてしまう人も少なくありません。

 

利用をし始めたにも関わらず、良さがわからなくてやめてしまうというのは金銭的にももったいないことなので、ぜひ最初にウォーターサーバーがどのような人におすすめなのか参考にしてください。

 

1-1.綺麗な水を飲みたい人

 

水道水までに至る過程として、綺麗な水にするために浄化処理が行われているものの、水に含まれる病原菌などを殺菌するために塩素が含まれています。

 

人体に害はないものの、カルキ臭が発生しやすいことや、有機物が含まれており、水道水に含まれる塩素がその有機物と反応することで、発がん性のある「トリハロメタン」というものも発生しています。

 

もちろん、トリハロメタンも人体に大きな影響を及ぼすわけではありませんが、塩素の起こすカルキ臭が気になるという人や、味がおいしいと感じないという人は、ウォーターサーバーを利用した綺麗な水を飲みたいと思うのではないでしょうか。

 

1-2.毎回水を購入している人

 

料理に使う水や、自分たちが飲む水をスーパーなどで購入しているという人は使う量が多ければ多いほど料金がかさばってしまいます。

 

水だけなのに月に五千円またはそれ以上水代として使ってしまうことがあるのではないでしょうか。

 

これだけの水を購入しているという人は、ウォーターサーバーがおすすめです。ウォーターサーバーの種類にもよりますが、定額制であれば決まった料金のみであり、今水に使っている金額をウォーターサーバーに当てるだけでメリットがあります。

 

1-3.水をよく使う人

 

日頃から水道水を多く利用しているという人はウォーターサーバーがおすすめです。定額制の場合であれば、どれだけ水を使っても料金は変わらず利用することができるので、水道水ではなく、水道水をろ過した綺麗な水を使うことができるでしょう。

 

また、料理では水を使うことも多くあります。定額制のウォーターサーバーであれば料理でも水を使い放題で利用できるので、水を変えたいと思っている人や、味をもっとよくしたいという人はウォーターサーバーの水を使うことをおすすめします。

 

1-4.健康を意識している人

 

水は人間が生きていく上で必要な成分であり、厚生労働省が発表したように一日に最低でも朝夜の2杯は水分を摂取するということが重要です。

 

もちろん水道水でも問題はありませんが、健康を意識している人であれば水に気を遣うこともあるでしょう。

 

体の隅々まで水を送るのですから、綺麗で安心できる水を摂取したいと思う人はウォーターサーバーが理想的と言えます。

 

2.ウォーターサーバーは3種類ある

 

ではウォーターサーバーは全部で何種類あるのでしょうか。ウォーターサーバーと聞くとボトル交換型を思い浮かべる人が多くいます。

 

しかし現在はウォーターサーバーも進歩し、一つの種類ではなく今は3種類のウォーターサーバーがあります。

 

ではそれぞれどのような特徴があるのか、3種類のウォーターサーバーについて解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

2-1.水道直結型

 

水道直結型のウォーターサーバーはその名前の通り、水道のパイプとウォーターサーバーをつなげる形になります。

 

こちらのウォーターサーバーは工事を必要とするため、賃貸ではレンタルすることができません。また、パイプを伸ばせばある程度の距離にウォーターサーバーを設置することができるものの、水道付近という条件が伴います。

 

しかし、水道直結型であり、水を水道から出すようなイメージそのままで使用できるため、面倒なことは何一つなく、楽であるということが大きな特徴となるでしょう。

 

2-2.タンク補充型

 

タンク補充型の場合は、水道直結型と異なり上部にタンクが設置されているので、そちらに水を補給していくという形になります。

 

タンク補充型の場合には水道との直結ではないので、工事を必要とはせず、その日から使用できるという点や好きな場所に設置できるということが特徴です。

 

二階に設置することはもちろん、キッチンから離れているリビングなどにも設置できるので、よく使うというとこで使用できるでしょう。

 

もちろん工事は必要ないという点では、賃貸でも利用できるのでそちらで利用を考えている人にもおすすめです。

 

2-3.ボトル交換型

 

ボトル交換型はウォーターサーバーと聞いて思い浮かべる人が多いであろう形になります。ボトル交換型は、サーバーに水が入っているボトルをなくなるごとに設置しなければいけません。

 

そのため、ボトル保管場所が必要であることや、重すぎて持つことができないという人もいるので、利用する際には注意が必要でしょう。

 

それなら直結型やタンク型の方が良いのではないかと思う人もいると思いますが、実はボトル型は他二つにはないミネラルウォーターや天然水が利用できるということが大きなメリットとなります。

 

ボトル型は使い放題というわけではなく、利用する水の量によって利用料も変わるので大家族であるという場合や、水の使用量がかなり多いという人はボトル交換型よりも、定額制の方がお得に利用できるでしょう。

 

3.ウォーターサーバー種類別!こんな人におすすめ

ウォーターサーバーはお伝えしたように、現在3種類のウォーターサーバーがあり、どれもオススメというわけではありません。

 

ウォーターサーバーの各種類にも、前述でお伝えしたように特徴があり、その特徴に合った人が利用することでメリットを得られるでしょう。

 

では、ウォーターサーバーを種類別にみて、どの種類がどのような人におすすめなのか紹介していきます。

 

3-1.水道直結型がおすすめの人

 

水道直結型ウォーターサーバーの場合は、水道水と直結するため水道の近くにしか置けないという点があります。

 

そのため、料理に水をよく使いたいという人、料理の水にこだわりを持つ人はこの直結型のウォーターサーバーがおすすめでしょう。

 

また水道直結であることから、タンクに水を補充しなければいけない、ボトルを交換しなければいけないということはないので、手間をかけたくないという人にはおすすめです。

 

サーバーを置くスペースがないという人にも、背が高いものからコンパクトサイズまであるため、スペースを考え好きなものを選択できるでしょう。

 

3-2.タンク補充型がおすすめの人

 

タンク補充型は水をタンク部分に足していくという手間はあるものの、設置がどこにでもできるという大きなメリットがあります。

 

キッチンに設置せずにリビングに設置したいという人や、子供たちが使いやすいように二階に設置をする人も少なくありません。

 

また、タンク補充型の場合は水道直結型と異なり工事を必要としておらず、賃貸でも利用できるという大きなメリットもあります。

 

工事費を気にすることもなく、賃貸を引っ越すという場合にもそのまま持っていくことができるので、利用しやすいのではないでしょうか。

 

3-3.ボトル交換型がおすすめの人

 

ボトル交換型の場合は、使った分だけ利用料金が必要となることが多いため、大家族にはおすすめできないウォーターサーバーになります。

 

しかし、それは一つのメリットとしても捉えられることであり、少ない人数で毎月そこまで水道代や水の購入費がかからないという人はこちらのボトル交換型がオススメです。

 

また、ボトル交換型であればミネラルウォーターや天然水などの選択もできるので、水に気を使っている人でも利用できるメリットがあるでしょう。

 

4.アクアバンクがおすすめの人とは?

 

アクアバンクは定額制のタンク補充型ウォーターサーバーになります。アクアバンクは他社メーカーとは異なる独自ブレンドのカートリッジを開発し、とことん綺麗な水にできるよう心がけています。

 

また、ハイドロディスクという水素発生特殊セラミックを利用することで、現在人気のある水素水を作ることもできます。

 

健康にとことん気を使っている人や、水を綺麗にしたいという人にはこのアクアバンクがおすすめです。

 

美容雑誌でも取り上げられたことがあり、ジムやカフェなどでも利用されているサーバーが家にあるというのはとても魅力的ではないでしょうか。

 

5.環境別で選ぼう!

 

ウォーターサーバーはいくつか種類があり、その種類の中でも利用できる水の量や料金なども異なります。

 

そのため、利用する際には自分に合っているウォーターサーバーの種類から始め、そこからメーカーなどを絞っていくことが一番早いと言えるでしょう。

 

ウォーターサーバーのメーカーでサーバーのスタイルや利用料なども確認できるので、ぜひ自分の環境に合わせたウォーターサーバーを探してみてください。